自律神経失調症について

JUGEMテーマ:健康

 

 


自律神経失調症は1960年代より使われ始めた病名であり
以前は「不定愁訴症候群」などと呼ばれいてました

病状が自律神経系に関係していることが判明し
検査で器質的異常が見られない症状に対する便宣上の総称として
使われ始めた病名です

※器質性疾患
検査により臓器や器官に異常が認められる症状
また、一般的な検査で異常が見つかりにくい病気を機能的疾患という



日本心身医学会では、自律神経失調症の定義として
「検査をしても、その症状を裏付ける所見が見出されず
気質的病変はないがさまざまな不定愁訴を訴える状態」としています

自律神経の働きや状態は簡単に測定できず、症状もさまざまなため
診断は難しいのですが、臓器や器官を調べても異常が見つからないのに
症状を訴えるケースを「自律神経失調症」と診断する傾向があるようです

何でも「自律神経失調症」でかたづけてしまうと
重大な病状を見逃すこともありえます、不定愁訴とされる症状が長く続く場合は
もう一度、診断してもらう必要があるかもしれません



自律神経失調症は大きく分けて4つのタイプに分けられる

本態性型
生まれつき、自律神経の調整が乱れやすいタイプ

神経症型
心理的な要因によって自律神経の機能に不調をきたし
不定愁訴の症状が現れるタイプ
神経症との境界線があいまいだが
身体的所見が強く見られる場合にあてはめられる

心身症型
日常生活のストレスが原因で、症状の現れ方や過程が様々
喜怒哀楽の感情、疲労などのストレスを無理に抑えることにより
自律神経に変調をきたす

抑うつ型
ストレスが慢性的に蓄積されることにより、うつ状態の反応をきたすと
頭痛、腹痛、不眠、食欲不振など身体症状が現れる
抑うつ気分がこれらの症状に隠れて発見されにくいと
うつに対する適切な治療がなされないことになる



また、特定の臓器や器官に限って強く現れた場合には別の病名がつけられます

偏頭痛、眩うん症(めまい)、過敏性大腸症候群、円形脱毛症
過呼吸症候群、気管支喘息、パニック障害、更年期障害などです

器質的疾患が見られない場合、これらは自律神経のバランスによる症状で
精神的なストレスや不安が要因で起こっていると考えられます


これらの症状は心身症として分類される場合があります
心身症とは、悩み、不安、不快、気がかりなどの精神的ストレスが引き起こす
身体的な症状の一つであり、精神的な問題が関与している身体疾患の病態名です
自律神経失調症をはじめ、その仲間に属する病気のほとんどが
心身症といえます


日本心身医学会における心身症の定義

「身体疾患の中で、その発症や経過に心理・社会的因子が密接に関与し
器質的ないし機能的障害が認められる病体を言う
ただし、神経症やうつ病など、ほかの精神障害に伴う身体症状は除く」



自律神経失調症に似た症状で器質性の病気が潜んでいる場合があります

胃がん
胸焼け、胃もたれ、胃の不快感など

食道がん
胸のつかえ、飲み込みにくさなど

脳腫瘍
頭痛、吐き気、手足のしびれ、ふらつきなど

糖尿病
喉の異常な渇き、倦怠感、かすみ目、多尿など

貧血
身体のだるさ、動悸、息切れ、微熱など

自分で「自律神経失調症だろう」と放置せずに、病院で診断をしましょう
病院で検査しても症状が続く場合は、もう一度精密検査をしてもらうことも
必要かもしれません



自律神経失調症による抑うつ気分とうつ病とはどのように違うのでしょうか


うつ病の場合、「DSM−IV」や「ICD−10」の区分は

内因性精神障害
脳の機能障害(神経伝達経路の異常など)
または、遺伝の要因

原因は分からないが、脳の機能の障害によると考えられるもの
精神障害・精神疾患の中核となるもの

心因性精神障害
心理的なストレスが原因となって生じると考えられるもの
また、そうなりやすい「素質」もふくまれる


と区分される
つまり、脳の神経伝達経路(もしくは、遺伝による)の障害があり
ストレスにより症状が現れたものがうつ病であり

自律神経失調症による抑うつ症や不定愁訴は
ストレスによる脳のホルモンが乱れることによる症状
または両親の体質による遺伝の症状である場合もあります
うつ病との判別は、素人では分かりにくいので
心療内科などの専門医に症状や抱えている問題を話しながら
病名や治療法を決めていく必要があります



神経症との違いは不安がキーとなります

神経症とは、不安や心配事など心理的な原因から心身の不調を訴えるもので
正式名称を「神経症性障害」といいます
以前は神経症をノイローゼとひとくくりにしていましたが
現在は細かく分類されるようになりました
パニック障害、全般性不安障害、強迫性障害などなど
精神疾患の中ではもっとも多く見られます

いずれのタイプにも共通して言えることは
強い不安や緊張が見られるのが特徴で
動悸、息苦しさ、めまい、発汗、頭痛、ふるえなどの
自律神経症状を伴います



適応障害は、神経症の分類に入る

自律神経失調症とも共通するのがストレス、生活のリズム、性格などですが
適応障害では特に生活・社会環境のストレスが重荷となり
不安、焦り、絶望感などが強く現れ、時に攻撃的な言動をとることがあります

 

 

 

 

 

経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 健康とライフワーク | 22:13 | comments(0) | - | pookmark |
経営と健康 【不適応症状と自律神経失調症】

JUGEMテーマ:健康

 

 


 ー 環境心理学と不適応障害 ー

心理学的に「不適応」とは、自身と生活環境または自然環境の
不調和関係性(不快・不安・不満)が長期に渡って持続された状態を言います

生活環境や自然環境から発生する様々な刺激や衝撃に心が適応できないと
身体の適切・有効に対応しようとする働き(恒常性)が低下してしまい
「不快・不安・不満」など、否定的な情緒不安に支配されてしまいます

生活環境、自然環境、人間関係など様々な不調和関係性が続くと
過剰なストレスにより様々な身体的な症状として現れます



 ー 恒常性と自律神経失調症 ー

自律神経系・内分泌系・免疫系は、暑さ・寒さなどの外気の変化をはじめ
様々な環境の変化に対して、安定した状態を保つように調節し維持(恒常性)をしています

 自立神経系 = 血管や内臓を調節する
 内分泌系  = 身体の機能がスムーズに働くようら調節する物質・ホルモンの分泌に関わる
 免疫系   = 身体をウイルスや細胞などから守る


 
  自律神経系はニ系統に分けられます


 ●交感神経 = 強い恐怖、興奮、はげしい怒り、緊張、悩みや不安などに反応し働きかける
  ※交感神経の働き = 瞳孔の拡大、心臓の拍動が速くなる、血管は収縮して血圧を上げる
              (体はエネルギッシュな状態となる)

 
 ●副交感神経 = 体を緊張から解きほぐし、休息させるように働く神経
 ※副交感神経が優位になると = 瞳孔は収縮する、脈拍はゆっくりとなる、血圧は下降する
                 (体も心も夜の眠りにふさわしい状態となる)


これらの機能を統括していいるのが視床下部です



肉親との離別、怪我、病気、事故など
様々な強いストレス状態が長期に渡って続くと視床下部の働きは低下し
恒常性が乱れることにより、心身の変調をきたします

不眠・イライラ・胃潰瘍・肌荒れ・腰痛・頭痛など


長期に渡る悩みや心配事により交感神経は興奮状態が続きます
また、夜ふかしなどの生活のリズムの乱れにより
本来なら副交感神経の働く時間帯に交感神経が働く状態となり
二つの神経の切りかえはうまくいかなくなります
そして、交感神経が極端に偏って働くようになり自律神経のバランスは崩れてしまいます
状況により活動させたり休息させるという各器官のコントロールはうまくいかなくなり
全身の器官にさまざまな不定愁訴として表れてきます
これが自律神経失調症です



  芳香成分が脳に働く仕組み

芳香成分は鼻の奥にある鼻腺毛と呼ばれる部分で
インパルスと呼ばれる電気信号(香り信号)に変化します
電気信号は直に大脳辺縁系を経て視床下部へ届きます
視床下部に到達した電気信号は視床下部を刺激し
働きの落ちている恒常性を再度回復するよう働きかけ
身体は再び安定した状態を取り戻すことができるのです

 

 

 

 


経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村
 

 

 

 

 

| 健康とライフワーク | 23:31 | comments(0) | - | pookmark |
GW最終日企画 【周囲の人や自分が五月病と感じたら】 予防・対策
JUGEMテーマ:健康



GWが開けてから体調がすぐれなかったり
精神的な不安や焦り抑うつ症状が出る方が多いようです。



春から社会人になったり、進学を終えて生活環境が変化した方が
大型連休が明けたとたんに起こる症状を一般的に五月病といいます。


大型連休が明けた後に学校や仕事に行くのが憂うつな気分になることは
誰しも起こり得る感情です。

軽い場合は仕事や学業に取り組むことで時間とともに普段の生活に戻ったり
周囲の人と上手く付き合うことで一日が楽しく充実した気分で過ごすことで
しだいに気が晴れて行きます。

しかし、抑うつ症状が三日から一週間以上続くと不安や焦りへと変わり
仕事や学校に行けなかったり、孤立したり、うつ病へと進む場合があります。



五月病は「新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状である」ことを
本人や周囲の方は理解しておかなければなりません。

五月病を「気持ちの持ちよう」や「やるきがないから」などと言いって受け流したり
本人の症状を理解しようとしないのはよくありません。



精神的な不安や焦りは本人が「マジメ」「繊細」「几帳面」な場合があります。

やる気があるものの「几帳面」だったり「マジメ」な性格が裏目に出ることで
その環境に上手く適応できずに焦ったり不安となり悪循環へと進む場合があるのです。



四月の新しい生活への期待感や
やる気があるものの新しい生活や環境に適応できないまま
「マジメ」「几帳面」な性格のため疲れがたまりGW中に一気に噴出し
休みが明けたとたんに心や体に不調となって現れます。

また、受験勉強を終えて目標を失い無気力になった状態を近年では「六月病」という
新入社員などでも不安や憂鬱症状を指す言葉も生まれています。



五月病を「うつ病」と診断される場合があるようですが
「五月病=うつ病」と診断するのは間違いです。

うつ病は内因性による症状であり五月病は心因性の症状であると考えられます。
(ただし、個人の症状により上記かぎりではありません)
初期症状では「適応障害」と判断するのがだとうかと思います。

症状としては抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状で
主訴には、不眠、疲労感、やる気が出ないなど。



気分を紛らわそうと食事やアルコールに頼りすぎる事は
摂食障害や急性アルコール中毒など別の問題を引き起こす可能性があります。

公園で散歩したり、自然に触れたり、友達と会って気分転換をしましょう
また、アロマテラピーやハーブなどの自然療法でのリフレッシュもオススメです。



※五月病による抑うつ症状が三日〜一週間以上つづくようでしたら
 専門医院の方にご相談をオススメいたします。





経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村








 
| 健康とライフワーク | 23:04 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH