自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる

JUGEMテーマ:マーケティング

 

 

 

他社や他人が持っているものは「独自」とはなりえない

 

 

そういう意味では自身の苦労したことや経験も独自資源となりえる

 

 

自身が経験した事や克服(ノウハウ)したことを活かし

 

「同じ苦労をしている人のために役に立ちたい」と言う想いも

 

それは独自資源となるのです

 

 

 

独自資源はお客さんには直接目で見たり触れたりすることはできませんが

 

お客さんの目に見え、直接的に価値があるものが強みや差別化となります

 

 

独自の資源から生まれるものが差別化や強みであり

 

独自資源に支えられていない強みは他社に簡単にマネされてしまいます

 

 

しかし、自身が学んだ経験やノウハウから生まれる強み

 

つまり成功体験は何よりもの独自資源となりえる

 

 

 

 

 

経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 独自資源・強みとは | 23:47 | comments(1) | - | pookmark |
電通で過労死 【うつ病は心のオーバーヒート】

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

朝方、起きてから「なんとなく億劫だな」と言う症状は誰しも感じる感覚です
一般的にこれらの症状は時間と共に薄れて行き
一度行動を始めると忘れてしまうことという体験はあると思います
また、頭痛(睡眠不足による頭痛・疲労や風邪が原因の頭痛など)は
一時的な症状であることがほとんどですが
うつ病による症状は、そうした一過性の症状とは異なり
朝、目覚めた瞬間から一日を通して続くのが特徴で、総じて気分も悪くなります



ストレスが溜まり心がオーバーヒートしている状態なのに
無理しようとしても心も体もいうことが聞いてくれるわけがありません

うつ病になりやすい性格は、マジメ・努力家・神経質・几帳面
不器用な性格(頑固・融通が利かない・何事にもこだわるタイプ)ですが

オーバーヒートしている状態にもかかわらず
行動できないことを自分の努力不足のように感じてしまったり
「やってできないことはない」と無理をしてしまいがちなのです
そういったことを繰り返すうちに、悪循環から症状が悪化してしまいます

うつ病でのイライラ症状は、他人に対してと言うより
自分に対しての「いらだち」が多いようです
何をやってもスムーズに進まないなど、自分に対しての苛立ちがつのり
できない自分への不安や焦りから、ひいては情けなさを感じることもあります

しかし、実際には無理してもいいことはありません
休みを取らずに無理に仕事を続け、かえって仕事の能率が下がってしまったり
そのことで、さらに自分のことを責めてしまったり
悪いほうへ向かってしまうのが容易に想像できます

傍目には、「さぼっている」「怠けている」と言ったような印象を
与えてしまうことがあります
それらは、怠けたようと思っての行動ではなく
病気の症状であり、当の本人は元気なときのように行動したいのに
うつ病でエネルギーが切れてしまっている状態なので動くことができないのです


そんな人に「もっとちゃんとしろ」「前向きになれ」などと言えば
自分のふがいなさや、簡単な日常生活すらまともにできないことに対して
自分を責め、ますます落ち込んでしまいます

本人は頑張ろうとして、悪循環になっているにも関わらず
健常時なら周囲の期待や励ましが嬉しい場合でも
うつ病患者にとっては、おおきなプレッシャーとなります
うつ病でとことんまで落ち込んでいるときに
「頑張れ」「しっかりしろ」「ちゃんとしろ」などと言われれば
できない自分を責め、さらに落ち込んでしまう結果となります

周囲が取るべき行動は
まず、本人の辛い状況を理解し、受け入れることです
そして、自分がその立場にたって、相手の辛さに共感を示し
受け止めてあげることが大事です


うつ病の治療には、軽症うつ病なら1ヵ月〜3ヶ月
中等以上の場合3ヶ月〜1年
薬は再発予防を視野に入れた場合は1年〜2年、服用することも普通です

会社勤めの場合、いきなり1年間の休養を取れと言われても
本人は困惑や不安になる場合もあるので、医師や産業医・上司や本人の間で
「とりあえず、1ヶ月くらい休んで様子を見てみようか」などと
「それくらいなら何とかなるかもしれない」と本人が思えるような
話し合いが必要です

先にも述べたように、オーバーヒートした状態では仕事の能率も下がるので
本人も、焦らずに「休養も仕事のうちである」と理解が必要です
仕事に復帰する場合でも、以前の職場に戻るか、異動するか、転職するか
仕事の適性や生活環境などを考慮して少しずつ社会復帰していきます

たとえば、ケガで一線からはずされたスポーツ選手の場合
長い休養期間やリハビリ期間を経て、調整しトレーニングを行い
万全を期してから復帰することになります
怪我が治っ宝と言って、いきなり試合にフル出場などと言うことになれば
せっかく治りかけていた怪我が悪化する場合もあるでしょうし
最悪の場合、選手生命を絶たれてしまうこともありえるからです
うつ病は、怪我と違い外からは外傷がないので分かりずらいですが
同じように、始めはウォーミングアップのつもりで
軽めの業務に就き、少しずつ様子を見ながら勤務時間を延ばしたり
仕事の量を調整していきます
長い休養を経ての復帰ですから、いきなり以前のように働けなくて当然です
あわてず、焦らず、心身ともに慣らしていくことが大切です

 

 

 

 

経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 健康とライフワーク | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH