<< 自律神経失調症と男性更年期障害 | main | 【雑談】日本人は会社の奴隷となり心のゆとりや豊かさを亡くした >>
ストレス症状と適応障害

JUGEMテーマ:健康

 

 


うつ病にしろ不安症にしろ依存症にしろ
(一部の)ストレス疾患の原因は外的要因が強い

誘因は自分の能力を超えた仕事や社会環境により
精神的に耐えることが出来なくなり発病する

原因としては遺伝子、成育歴、脳の神経伝達物質などいろいろ考えられる



カウンセリングにおいて、過去や原因を追究すしたり
あるいは病名を付けて治療を行うものではなく
クライアントとの対話によりストレスを緩和し
その人の生活習慣や認知の歪みを修正することにある


認知の歪みとは

人間はある環境に対応した考えで問題を解決しようとします
ストレスが強くなるとそうした適応的な働きが出来なくなり
次々と悲観的な考えが頭に浮かぶようになり否定的な判断をするようになります
人間は困ったことが起きると本能的に、自分が一番自信のある方法を使って
問題を解決しようとしますが、それが仮に上手くいかないようなことがあると
まるで自分が否定されたように感じてしまいます
意識しないところで、自分の価値まで否定されたと思って
最初のやり方からなかなか離れられなくなります
そうすめと、当然のことながら問題は解決されないままつづき
ますます焦ることになります
自信がなくなり、気分が沈みこんできます
こうして気持ちの悪循環がすすむのです

認知療法(認知行動療法)では、この歪みを修正することにあります


うつ病などでは「どうして」と言う言葉は使わないほうがいいようです
これは、母親が「どうして勉強しないの」「どうして遊んでばかりいるの」
あるいは上司の「どうして仕事が進まないんだ」などの言葉は
逆に疾患者を追い詰めることになるでしょう
あるいは「貴方は○○だからいけないのよ」などと言う否定的な言葉や
決めつける様な言葉も疾患者を追い詰めることになります



うつ病などでは、本人が食欲や睡眠がうまく取れていない
あるいは仕事に集中できないなどの変化を感じることがあっても
その原因が分からない場合があります
あるいは、周囲が治療をすすめても本人が認めない場合や
本人に治療意思がない場合があります
(現代うつでは本人が認め積極的に治療にあたる場合もあります)

周囲は敏感に感じ取り、「眠れないようだから」「食欲がないようだから」
「仕事に集中できないようだから」と具体的な問題点について話し合うことが
本人を医師へ相談するように促すことです
(無理に医者へ連れて行くのも逆効果となります)




いずれにしても、早い段階でストレスを感じてきた
あるいは「最近、食欲が落ちた」「睡眠が取れない」などの
日常の変化に本人が気づき、カウンセラーや医師に相談することです


適応障害は、健康な状態でもないが
ストレスにより眠れない、食欲不振、肩こり、関節のダルさ、動悸、めまい
疲れやすい、頭痛、膨満感、下痢、便秘、ガスが多い、足の痛み、冷え
などの症状が感じ取られます

これらの症状や体調の変化を感じているのにも関わらず
ほうっておくうつ病や不安障害などなど精神疾患へと確実に進みます
適応障害とは精神疾患の一歩手前の症状と捕らえることができます
うつ病とはちがい本人もその症状を感じることができます


特に、消化器官の症状
胃の不快感、腹痛、膨満感、下腹部が張る、お腹がグルグル鳴る
便秘、下痢、ガスが多い

精神症状では
不安、気がめいる、集中力がない、イライラする、怒りっぽい、意欲が無い
細かいことが気になる、寂しい、悲しい、記憶力の低下、注意力の低下

その他
耳鳴り、冷え、ほてり、足の痛み、めまい、動悸、めまい、立ちくらみ
のぼせ、偏頭痛、肩こり、関節のダルさ、酸欠感、ため息、目の疲れ
眠れない、眠りが浅い、いつも眠い、食欲が無い

 

 

 

 

 

経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 健康とライフワーク | 22:19 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH