戦わずして勝つNo.1戦略 【誰にでも分かりやすく説明する大切さ】
JUGEMテーマ:マーケティング




「戦わずして勝つ」とは、勝ちやすい外部環境・市場機会を選び

顧客、地域、商品でNo.1になるということです。


※ 外部環境・市場機会とは、経営用語のSWOT分析の一つです

  SWOT分析とは、強み・弱み・市場機会・市場脅威から分けて分析する手法で

  伸びている戦場・敵が少ない戦場を選ぶということです。



たとえ競合が多い地域で外部環境が厳しくても

その地域で独自の資源が活き強みが活きる場所であったり

あるいは、自社の商品やサービスより

他社・他店が酷ければそれは自社の強みとなります。


※ 自社の強みは、顧客に伝えるものであり

  伝わった結果で、他社と差別化されるものです。


  また、独自資源は、強みと区別して考えるべきものであり


  自社の強みを支えとなるものです。



その業界で「No.1」になるのは難しいかもしれませんが

顧客を絞り、世間で一般的には知られていないことや

業界人には当たり前の知識や技術を顧客のニーズに合わせて提案したり

あるいは、顧客、商品・サービス、地域などを絞り込み

時には、ポジショニングをずらし

(ある人(顧客)にとっての、もしくは地域での専門家・アドバイザーとして)

「 ○○No.1 」 宣言することが出来ます。


その為にも、顧客を絞る必要があります。


では、何故対象を絞るのでしょうか

それは、顧客にとって「 自分に関係がありそうだ 」 と思っていただくためです。


また、二番煎じでは覚えてもらいにくいということも挙げられます。

※ 日本で一番高い山は富士山ですが、二番目に高い山は何処でしょう?

  日本一広い湖は琵琶湖ですが、二番目は何処でしょう…

  なかなか出てこないものですね(笑)




話は脱線しますが、僕の場合はアナログな人間のため

パソコンどころかスマートフォンでさえ使いこなすことが難しいです。

困ったことがあれば、何時も友達に相談をしています。

その時は、友達が専門家であり先生と言う立場になります。


パソコンやスマートフォンなどを相談するとき

何時も専門用語が出てきます、専門用語は普段使い慣れている方には

知っていて当然のことかもしれませんが、知らない僕にはチンプンカンプンです

あることを知っている人や専門家はついつい専門用語を

「この人も知っているだろう」と思い使用しがちですが

普段、業界で使い慣れた言葉や知識・技術は一般には知られていない事も多いです。

知らない人、詳しくない人にも「 分かりやすく説明する 」 ことは

顧客や周囲の人にとって、貴方や会社の強みとなりますので

是非、普段から 「 分かりやすく説明する 」 工夫をお勧めいたします。




  ー追記ー

ブログランキングに参加いたしておりますので
お読みになりましたら「ぽちっ」と
ボタンを押していただけると嬉しいです(^ω^)


経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧







 

| 戦場・競合とは | 23:30 | comments(0) | - | pookmark |
競合は 「業種業態」 からではなく 「ベネフィット」 から分析する(改正版)
JUGEMテーマ:マーケティング


 

会社・お店にとっての競合とは、同じ業種業態のことではなく

 

同じ価値 ( ベネフィット ) を提供する他社であります

 

また、市場 ( マーケット ) は消費者の価値を巡っての戦場です。



 

一般的な戦場を挙げると下記のようになります。

 
 

 ◎ 地域・場所

 

 ◎ 業種業態 ( 商品・サービス )

 

 ◎ 顧客ターゲット

 

 ◎ メンタルアカウンティング ( 心の財布 ) ※1

 

 ◎ 商品が置かれる棚 ※2

 


 ※1 = 観光地や記念日やイベント・祭りなど

    特別なシーンや場所などで財布の紐が緩むこと
 

 ※2 = スーパー、コンビニ、本屋、家電商品などなど

    他社の商品などと並んでお店で販売されている場合

 


などを巡って争うことになりますが、

そこには、競争が激しく利益率の低い激戦地と

競争があまり激しくない利益を稼ぎやすい戦場があります。

 


例えば、居酒屋 ( 業種業態 ) を 激戦地 ( 地域・場所 ) で

競合店と同じターゲットに絞って戦い利益率の低い争いをするのは
 
効率が悪いことがわかります


ならば、ターゲット、地域・場所、商品・サービスなどを変える

つまり、ポジションを競合とずらして戦うほうが効率が良いことになります

 

ポジションをずらすとは、同じ物を売っていても他社と売り方を変えることで

顧客の心の中の位置づけを変えると言うことです。



 

「 地の利を得る 」 とは、自社が勝ちやすい場所を選ぶことです

努力量が同じでも得られる結果が大きく変わってきます。

都心の繁華街で飲食店を出店するのと

都心から離れた飲食店が少ない場所で出店するのでは

利益の取りやすさは違うと言うことになります

繁華街でなかなかお客さんが入らない店もあれば

地方の田舎なのに行列ができるお店もあるわけで


ただ、競合が少ない場所に出店すれば勝てるわけではありません

もちろん、繁華街では繁華街での戦い方があります

しかし、先ずはターゲットを絞りニーズのありそうな場所

つまり、伸びているマーケット(市場)で敵が少ない戦場を選ぶことが

戦わずして勝つことになります

地の利とはつまり自社が勝ちやすい場所を選定すると言う事です。




経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村





 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




     ー 独立自営で創業後に継続できる確立 ー


 1年未満で約40%、5年後には約25% (中小企業白書より)

            ↓

        事業の長期継続の為に

            ↓

 四柱推命や風水の鑑定(玄空飛星、三合派)による改善で

 心身の健康の維持と目標達成の向上を図り

 貴方の仕事運のアップをサポート!!


   ※ 風水鑑定の出張鑑定は、近畿関西を主に活動中

   ( 大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重 )


・ 伝統風水による改善、四柱推命の鑑定の予約はこちらから↓

 

 http://oasis.west-cities.com/



 

| 戦場・競合とは | 22:46 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH