ターゲットを絞らなければお客様には気づいてもらえません
JUGEMテーマ:マーケティング




メッセージ(広告や理念)を出すからには必ずそれを読む人が居ます。


その誰かとは、誰なのでしようか?


その誰かを明確にするためにはメッセージを読んでもらえる人物像を絞り込むための

セグメントやターゲティングを行い特定の一人の人物像を描く必要があります。

( 特定の人物像のイメージを作ることをペルソナと言います )



不特定多数の人に対してメッセージを送ると

逆に誰にも読まれない、気づかれない、誰の心にも刺さらないという結果になってしまいます


たとえば、雑誌を刊行しようとしたとき、たんなる 「 男性向け雑誌 」 か

「 30代未婚の男性に送る一人暮らしを楽しむための雑誌 」 だと

どちらが興味を惹かれるでしょうか?


電車の中吊り広告で、ただたんに 「 女性向け 」 や

「 男性向け 」 としか書かれていないメッセージだけでは

どの様な年代、職業、収入、役職、価値観、欲求、悩みや不安などを持っている

消費者に向けられたメッセージなのかが分かりません。



多くの経営者の方が誤解しているのが


「 見込み客を絞ると、お客さんが減る 」と言う思い込みがあります

しかし、一人の人物像に決めてもそのターゲットと近い人物は自然と集まります。


誰にでも好かれようと八方美人になるより

自分を必要としてくれる人にメッセージを送っていきましょう。




経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村








 

| セグメントとターゲット | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |
お店は【独自資源や強みを生かせる場所(地域)】 で開店する。
JUGEMテーマ:マーケティング


 

出店する時、自店の強みを発揮できる地域が何処かを考慮し絞ってみましょう。

 

 ・ 流通 → 利便性

        お客さんにとって、来やすい場所・利便性

 

この考え方はマーケティングの4Pですね。





また、競業店が少ない場所、強みを生かせる地域を選ぶほうが

「脅威」を避け「機会」を掴みやすい場合もあります。

これは、SWOT分析のOTにあたります。



梅田は百貨店がひしめき合い、常に顧客の取り合いで脅威に晒されていますが

阪急は2008年にメンズにターゲットを絞り、メンズ館を投入したことで成功しています。


あるいは、個人商店でも人里離れた場所や山道の途中にもかかわらず行列ができる店も多く

群馬でもつ煮込みが有名な永井食堂はテレビでも紹介されているほどです。



誰をターゲットとするのか、どんな人(どんな時・タイミング)に来てほしのか

強みを生かせるお客さんは(認めてくれるのは)誰か、

独自資源や強みを生かせる場所は何処なのか、脅威が少ない地域は何処か

それをセグメントすれば何処が適所なのかを見極めましょう。




 ー追記ー

ブログランキングに参加いたしておりますので
お読みになりましたら「ぽちっ」と
ボタンを押していただけると嬉しいです(^ω^)


経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧







 

| セグメントとターゲット | 21:41 | comments(0) | - | pookmark |
流行を追う者や興味がない者(ディフュージョンモデル)でのセグメント
JUGEMテーマ:マーケティング


 

セグメンテーションをするとき、ライフスタイルや価値観で分けていくことができます。

たとえば、ファッションや家電用品、最近ではタブレットやスマートフォン業界など

流行を追う者や興味がないなどでセグメンテーションする方法です。



・流行の先端を追う人

 

・流行を後追いするフォロー層

 

・流行に反逆する捻くれ者

 

・流行に全く無頓着な人

 

・こだわりはあるが自分の好みを貫くマイペースな人

 

などです。



 

また、ディフュージョンモデルと呼ばれる切り口もあります。

 

・革新者     リスクをとって最初に買う人

 

・初期採用者  革新者の動向を見ながら早めにトレンドに乗る人

 

・前期多数者  普及してきたタイミングで買う人

 

・後期多数者  少し遅れて買う人

 

・遅滞者     流行が落ち着いて最後に買う人、または買わない人





セグメンテーションとは、客層を分けると言う意味です。

では、何故分けなければいけないのか?

その理由は人によって悩み事や望むこと

喜びや不安など、欲求や価値観が個々人事に違うからであり

人はその欲求や価値を満たすために商品やサービスを購入するのです。



会社やお店は商品そのものを売っているわけではなく

その商品やサービスから得られる欲求や価値(何を)を売っているのであり

その欲求や価値を求めているのは誰かということが絞る理由です。

 

求める価値に応じて分け、その分けられた集団を 「 セグメント 」 と言います

その集団の何処に絞って狙うかが 「 ターゲット 」 となります。





経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村








 
| セグメントとターゲット | 21:16 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH