業績不振の分析は外的要因の影響よりも内的要因を分析する
JUGEMテーマ:マーケティング


 

マーケティング用語でよく 「 SWOT分析 」 と言う言葉が使われます

 

 S=強み

 W=弱み

 

 O=機会

 T=脅威

 

SとWは、自社の(内部環境・状況)であり

自社の強みや弱みを分析することであります



OとTは、競合他社や社会情勢など(外部環境・状況)であり

消費者のニーズ(需要)や シーズ(技術革新)などが含まれます。



自社の内部状況と自社を取り巻く外部環境を正しく分析することが大切ですが

しかし、自社視点での考え方であるために消費者からの視点が軽視されるため

これを逆にして 「 TOWS分析でアクションプラン (対策案) を考える 」

と言う視点がうまれてきました。

 ※ TOWS分は、また機会があればお話させていただきたいと思います。




お店や会社を経営していると、業績の不振を自分のせいではなく

外的要因の影響のせいにしようとしまいます。

「 近所に大型店が出来たせいだ 」 「 景気が悪い 」 「 行政が悪い 」 など

何か上手くいかないことがあると、それは自分のせいではなく

外的環境に恵まれないからだと思い込んでしまう

これを、「 心理的メカニズムのワナ 」 と言います。

 ※ ワナとは、社会心理学で 「 外的要因帰属 」 と呼ばれるものです

( 「小が大を超えるマーケティングの法則」 著者 : 岩崎邦彦 参照 )




業績不振に陥ったとき原因を外的環境 ( 景気や競合 ) のせいにするのは簡単ですが

原因が外部のせいにした瞬間に、内的要因に目が向かなくなりますが

外的要因をコントロールすることは出来ません

内的要因を分析し、原因を改善していくことが大切です。





経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村








 
| SWOT分析 | 23:08 | comments(0) | - | pookmark |
SWOT分析で現状と未来の目標設定を
JUGEMテーマ:マーケティング



強みが、現状において競合他社と比較して
 

あまり強さとして発揮されていなければ育てる必要があります


これは、SWOTと呼ばれる分析方法を元に

 

自社の現状と、1年後、3年後、5年後の未来に目標設定していくことになります。


 S=強み

 W=弱み


 O=機会

 T=脅威


お店や会社を経営していく上で

 

自社を分析し、育てたり、あるいは脅威や機会を見定め

 

基材や人材など投資する必要があります

 

この投資を間違えると多大な損害をこうむるわけです


SWは、競合他社の強みや弱みと自社の強みと弱み

 

OTは、経済や法律の変化、近隣の環境の変化 ( 脅威と機会 ) を表します


仕事にもよりますが、法律の変化に伴い依然使えていた物・事が使えなくなったり

 

あるいは、経済が下向きになったり上昇し潤ってきたり、消費税が増えたり

 

また、商店街の近くにこんど大型店の出店が決まったときに

 

自社の強みをどう活かすかなどですね



 

時には、視点を変えて自社の弱みを強みに変えると言う方法もあります

 

資源力が強みの大型店に対して

 

地域密着や生涯顧客として、お客様一人々の方と絆わ強めれるのは

 

専門性を発揮できる、個人経営や中小企業です

 

強みをいかに発揮できるのか、よく考えて行きたいものです。


web検索では、「スワット」 でも 「スウォット」 どちらでも出てきますので

 

どちらの読み方でも良いと思います

 

肝心なのは実際に分析し使いこなせるようにすることです




経営の基礎知識ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村







 
| SWOT分析 | 23:37 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ポジショニング戦略[新版]
ポジショニング戦略[新版] (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 自身の経験や学んだノウハウはが独自資源となりえる
    ITOYAMA (11/11)

にほんブログ村

LINE公式アカウント

友だち追加数

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH